事例から乳幼児期の言葉の発達を促す要因を探る

URI http://repository.ipu-japan.ac.jp/metadata/143
FulltextURL
Title
事例から乳幼児期の言葉の発達を促す要因を探る
Title Alternative
A Case Study Analysis on Factors Influencing Language Development of Infants and Young Children
Author
著者 大野 鈴子
著者(別表記) OHNO Reiko
Abstract

乳幼児期の子どもの言葉の発達をみると,個人差やその時の子どもの状況によって表れ方は多様である。しかし,どの子どももおよそ同じような育ちの過程をたどる。保育者は言葉の発達の過程を把握し,一人一人の子どもを理解し,その時どきの子どもの思いに応じ,育ちを促す援助に努めなければならない。その際には,促す背景となっている要因に基づいた援助が大切である。そこで,5つの実践事例を分析し,言葉の発達を促す背景となっている要因を探り,より適切な援助について明らかにした。

Subject
370 Education
Keyword
言葉 (language)
発達の過程 (process of child development)
要因 (factor)
乳幼児理解 (comprehension of infants and young children)
言葉の獲得 (language acquisition)
Publish Date
2013-03-15
Publication Title
環太平洋大学研究紀要
Publication Title Alternative
Bulletin of International Pacific University
Volume
7
Start Page
53
End Page
59
ISSN
1882-479X
NCID
AA1230704X
Publisher
環太平洋大学
Publisher Alternative
International Pacific University
Copyright Holders
環太平洋大学
Contents Type
Departmental Bulletin Paper
language
Japanese
File Version
publisher