高校男子バスケットボール選手の身体特性と体力特性について ― スポーツ傷害予防の観点から ―

URI http://repository.ipu-japan.ac.jp/metadata/340
フルテキストURL
タイトル
高校男子バスケットボール選手の身体特性と体力特性について ― スポーツ傷害予防の観点から ―
タイトル(別表記)
Physical Fitness of High School Male Basketball Players: A Study Based on Sports Injury Prevention
著者
著者 栗田 剛寧
著者(別表記) KURITA Takeyasu
著者 辻内 智樹
著者(別表記) TSUJIUCHI Tomoki
著者 打谷 昌紀
著者(別表記) UCHITANI Masanori
著者 南谷 哲司
著者(別表記) MINAMITANI Tetsushi
著者 関 一馬
著者(別表記) SEKI Kazuma
著者 三瀬 貴生
著者(別表記) MISE Takao
抄録

本研究は,高校男子バスケットボール部の新入生と上級生の身体・体力特性を評価し,各年代でのスポーツ傷害予防のトレーニング指導に反映することを目的とした。対象は私立高等学校男子バスケットボール部の部員48名であった(上級生26名,新入生22名)。方法はメディカルチェック(以下,MC)と体力測定(以下,FT)を実施して上級生群と新入生群のMCとFTの各項目の比較し検討した。体重は上級生群が新入生群より有意に高い結果を示した。左股関節内旋角度,右足関節背屈角度において上級生群が低く,それぞれに有意な差を認めた。体幹筋力においては上級生群が新入生群より有意に高い結果を示した。上級生群は新入生群より下肢筋のタイトネスが強く,タイトネスを改善するようなコンディショニングトレーニングが必要と考えられた。また新入生群は,ジャンプ力や走力などのパフォーマンスは上級群と同レベルに達しているものの,スポーツ傷害との関連が高い体幹筋力は弱く,その強化の必要性が本調査で推察された。

主題
780 スポーツ. 体育
490 医学. 薬学
キーワード
スポーツ傷害予防
身体特性
体力特性
バスケットボール
発行日
2018-03-21
出版物タイトル
環太平洋大学研究紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of International Pacific University
12
開始ページ
109
終了ページ
112
ISSN
1882-479X
NCID
AA1230704X
出版者
環太平洋大学
出版者(別表記)
International Pacific University
著作権者
環太平洋大学
資料タイプ
紀要論文
言語
日本語
論文のバージョン
publisher