外国人留学生に対するディスカッション活動を取り入れた時事教養の実践

URI http://repository.ipu-japan.ac.jp/metadata/369
FulltextURL
Title
外国人留学生に対するディスカッション活動を取り入れた時事教養の実践
Title Alternative
Practices of Discussion in Current Topics for International Students. ― How They Improve Their Japanese Skills and Collaboration Skills? ―
Author
著者 大平 真紀子
著者(別表記) OHIRA Makiko
Abstract

学生たちが対話を通して学び合い,社会的関係性を構築していけるようディスカッション活動を取り入れた時事教養の授業を行った。授業では学生自身がテーマを選び,司会をし,教室運営を行った。アンケート調査では,テーマの選択は概ね適切だった,ディスカッションのテーマについて考えが深くなったと回答した。テーマの内容は世界で普遍的な社会問題,日本における社会問題,自分に身近な問題などを選ぶ傾向にあることがわかった。学生が考えた議論のポイントを集約すると「原因」-「影響」-「解決」型,「二者択一」型がほとんどであった。授業の効果として,学生らは日本語能力の向上のほか,社会的関係の構築,思考力の向上を実感していた。

Subject
370 Education
810 Nipponese
Keyword
協働
外国人留学生
ディスカッション
日本語教育
時事教養
Publish Date
2018-03-21
Publication Title
環太平洋大学研究紀要
Publication Title Alternative
Bulletin of International Pacific University
Volume
12
Start Page
269
End Page
274
ISSN
1882-479X
NCID
AA1230704X
Publisher
環太平洋大学
Publisher Alternative
International Pacific University
Copyright Holders
環太平洋大学
Contents Type
Departmental Bulletin Paper
language
Japanese
File Version
publisher