実効性ある力を育む道徳教育の原理と実践

URI http://repository.ipu-japan.ac.jp/metadata/379
フルテキストURL
タイトル
実効性ある力を育む道徳教育の原理と実践
タイトル(別表記)
The principle and practice of developing a moral competence in moral education
著者
著者 伊住 継行
著者(別表記) IZUMI Tsuguyuki
著者 青木 多寿子
著者(別表記) AOKI Tazuko
抄録

学習指導要領の改訂で実効性ある力を育む道徳教育が可能になった。実効性ある力を育む道徳教育では,主体的な判断や実践を重視する自己決定的な道徳教育が重視されていると考える。そこで本稿では,実効性ある力を育む道徳教育の原理と実践について明らかにするために,①実効性とは何か,②学習指導要領の変更点と実効性ある道徳教育の関連,③多様な教育実践の具体的な紹介,④従来の実践との違いを示した。特に,学習指導要領の変更点については,道徳性に統一されたこと,教育課程の基本がコンピテンシーベースに転換されたこと,各教科の目標に「人間性」が入り道徳科と関連付けやすくなったこと,指導の多様化が求められるようになったことを紹介した。

抄録(別表記)

The new Couse of Study emphasize the ability of real life situation. So it is possible to make the new principle and practice of developing moral education. We believe it is expected to develop them with students’ moral competency with their self-determination. The purpose of this research is to clarify our hypothesis with four point of views. Those are , ①what is the principle and practice of developing moral competence, ②where we find them in the new Course of Study, ③how we make classes of new moral lessons, and ④what are differences between the new Course of Study and the previous one. We discussed about the differences between the new Course of Study and the previous one using these words; there were competency-based approach of education, new goal of every subject education, unification into morality, and recommendation of diversity of lesson methods.

主題
370 教育
150 倫理学. 道徳
キーワード
道徳教育
道徳性
実効性
自己決定
学習指導要領の改訂
moral education
moral course
practice of moral competence
self-determination
the new Course of Study
発行日
2018-11-30
出版物タイトル
環太平洋大学研究紀要
出版物タイトル(別表記)
BULLETIN OF INTERNATIONAL PACIFIC UNIVERSITY
13
開始ページ
27
終了ページ
36
ISSN
1882479X
出版者
環太平洋大学 
出版者(別表記)
International Pacific University
著作権者
環太平洋大学 
資料タイプ
紀要論文
言語
日本語
論文のバージョン
publisher