接尾辞性字音形態素の前接要素の語彙制限について

URI http://repository.ipu-japan.ac.jp/metadata/380
フルテキストURL
タイトル
接尾辞性字音形態素の前接要素の語彙制限について
タイトル(別表記)
On the Lexical Limitations of Preceding Part of Sino-Japanese Suffix
著者
著者 呂 建輝
著者(別表記) RO Kenki
抄録

近年,接尾辞性字音形態素(用法上,字音接尾辞に準ずる,または近似する字音形態素)に関する研究は多く見られる。しかし,接尾辞性字音形態素にどんな語彙が前接でき,どんな語彙が前接できないのか。これについては未だに明らかになっていない。そこで本稿では,接尾辞性字音形態素の前接部を語種・品詞で分類し,考察した。結論として,接尾辞性字音形態素は和語を前接する場合,その和語は名詞・サ変動詞でなければならない,という制限があることが分かった。接辞性字音形態素は漢語との親和性をもち,漢語に最も付きやすい。その波及効果により,漢語と同じような品詞をもつ和語にも付くようになったのだと考えられる。

抄録(別表記)

Recently, there are many papers focusing on Sino-Japanese suffix. However, what has not been proved is if there is any lexical limitation on the preceding part of Sino-Japanese suffix. In this research, we did an analysis through the preceding parts data of 9 Sino-Japanese suffixes. We found that the preceding part of Sino-Japanese suffix should mainly be a Sino-Japanese word. Besides, a foreign word is also allowed. On the contrary, we cannot use a Japanese native word to Sino-Japanese suffixes, unless it is of equal lexical category to Sino-Japanese word. In fact, when the preceding part of Sino-Japanese suffix is a Japanese native word, it has to be a noun or a suru-verb, but not an adjective or a gerund. From these rules, we can infer that the prototype of Sino-Japanese suffix is to use to a Sino-Japanese word. And it also spreads to cases using to other types of words if their natures are similar to Sino-Japanese words.

主題
800 言語
810 日本語
キーワード
接尾辞
字音形態素
漢語
語種
品詞
suffix
Sino-Japanese morpheme
Sino-Japanese word
word type
lexical category
発行日
2018-11-30
出版物タイトル
環太平洋大学研究紀要
出版物タイトル(別表記)
BULLETIN OF INTERNATIONAL PACIFIC UNIVERSITY
13
開始ページ
37
終了ページ
45
ISSN
1882479X
出版者
環太平洋大学 
出版者(別表記)
International Pacific University
著作権者
環太平洋大学 
資料タイプ
紀要論文
言語
日本語
論文のバージョン
publisher