“左手”によるイメージブラッシングとバーチャルブラッシングの角度による困難度の比較研究

URI http://repository.ipu-japan.ac.jp/metadata/43
フルテキストURL
タイトル
“左手”によるイメージブラッシングとバーチャルブラッシングの角度による困難度の比較研究
タイトル(別表記)
Difficulty depends on the angle of the virtual brushing and image brushing by the left hand.
著者
著者 三谷 惠一
著者(別表記) MITTANI Keiichi
抄録

Teeth brushing of plaque control behavior depends on the condition of Three conditios. The first part is the brain, namely “left hemisphere and right hemisphere”. The second part is “nervous system”. The third part is the “muscle system”. Real brushing(RB) with a toothbrush uses all the three parts directly. By the way, IB: image brushing uses only the first part, namely the brain. VB: virtual brushing with a pen in the right hand use all three parts as RB. The first hypothesis is the subjective difficulty of VB is higher than that of IB. In other words, VB is effective than IB. The second hypothesis is at VB, oblique line“ 120” is most easy,“ 0 or 180” is middle and “60” is most difficult. The results confirmed the above two hypotheses.

主題
140 心理学
490 医学. 薬学
キーワード
バーチャルブラッシング (VB: virtual brushing)
イメージブラシング (IB: image brushing) 
直接ブラッシング (Direct brushing) 
ブラシングの角度の差異による困難度 (Difficulty of brushing depending on the angle of the brushing)
備考

謝辞 本研究は,岡山大学大学院・医歯薬学総合研究科・行動小児歯科学下野 勉教授,松村誠志准教授・西村美知子助教・假谷直之助教との共同研究である。

発行日
2010-03-01
出版物タイトル
環太平洋大学研究紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of International Pacific University
3
開始ページ
1
終了ページ
12
ISSN
1882-479X
NCID
AA1230704X
出版者
環太平洋大学
著作権者
環太平洋大学
資料タイプ
紀要論文
言語
日本語
論文のバージョン
publisher