新聞はなぜ戦争に加担したのか ――平和を考える上での新聞昭和前史再検証

URI http://repository.ipu-japan.ac.jp/metadata/47
フルテキストURL
タイトル
新聞はなぜ戦争に加担したのか ――平和を考える上での新聞昭和前史再検証
タイトル(別表記)
――Why the press had supported the war ? ――Review on the press history in early Showa times to learn lessons for our peaceful future――
著者
著者 荒井 魏
著者(別表記) ARAI Takashi
抄録

In the early Showa period, press who advocated earnest peace and disarmament suddenly changed their attitude with an incident in the northeastern district of China. Their sudden change affected the beginning of 15 years war`s tragedy. This paper reviewed the press transfiguration during this time to learn lessons for our peaceful future. Through my review I realized again the danger of nationalism and importance of media ethics.

主題
210 日本史
320 法律
310 政治
070 ジャーナリズム. 新聞
キーワード
不思議な「曲がり角」
新聞の平和 攻勢 (Pacifism of press)
統帥権問題 (An issue of supreme command)
満洲事変と新聞の大変身 (Big change of press)
ナショ ナリズムの危険性 (nationalism)
重い「メディア倫理」 (media ethics)
新聞の「命」
発行日
2010-03-01
出版物タイトル
環太平洋大学研究紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of International Pacific University
3
開始ページ
91
終了ページ
98
ISSN
1882-479X
NCID
AA1230704X
出版者
環太平洋大学
著作権者
環太平洋大学
資料タイプ
紀要論文
言語
日本語
論文のバージョン
publisher