ユニバーサルデザインを取り入れた学級経営 ― 発達障害児童と共に学ぶ ―

URI http://repository.ipu-japan.ac.jp/metadata/158
FulltextURL
Title
ユニバーサルデザインを取り入れた学級経営 ― 発達障害児童と共に学ぶ ―
Title Alternative
The classroom administration that adopted universal design ― Learn with a developmentally disabled child ―
Author
著者 増井 眞樹
著者(別表記) MASUI Maki
Abstract

発達障害を抱える児童に役立つことは,ユニバーサルデザインとして,全ての児童に生かすことができる。重要なことは,まず「当たり前に分かる」ではなく,児童の目線で捉えようとする視点を持って,児童を見ること,見続けること。すると,児童の「困り感」が見えてくる。そこで,児童理解が深まり,児童の持つ「困り感」への対応が生まれてくる。その対応は,発達障害の児童だけでなく,全ての児童の指導にも効果的である。また,初任者や経験の浅い指導者が学級経営を進める上で役に立つものである。

Subject
370 Education
Keyword
児童理解
見通しを持たせる
「私は先生に大切にされている」と実感できる教師の対応
褒める
ユニバーサルデザイン
Publish Date
2013-03-15
Publication Title
環太平洋大学研究紀要
Publication Title Alternative
Bulletin of International Pacific University
Volume
7
Start Page
183
End Page
188
ISSN
1882-479X
NCID
AA1230704X
Publisher
環太平洋大学
Publisher Alternative
International Pacific University
Copyright Holders
環太平洋大学
Contents Type
Departmental Bulletin Paper
language
Japanese
File Version
publisher