Business Ethics: Teleological Effects of Retrenchment at Toyota

URI http://repository.ipu-japan.ac.jp/metadata/165
FulltextURL
Title
Business Ethics: Teleological Effects of Retrenchment at Toyota
Title Alternative
職業倫理:トヨタの緊縮の目的論的効果
Author
著者 WALSH Anthony
著者(別表記) ウォルシュ アンソニー
Abstract

この文書は,トヨタが発表したメルボルン西郊外にあるアルトナ工場の労働者350人を解雇したことについての評価である。オーストラリアの新聞によれば,従業員の削減は通告されず,解雇の過程において不当な扱いであった。従業員の10%という解雇の経緯においては,ヒューマニズムに欠けるが,長期的視点からその決断を考えれば,目的論的な選択は企業の最善の利益に繋がる行為であるともいえる。従って,たとえ,その個人がフルタイムの雇用や家族を支える立場であったとしても,トヨタの従業員の解雇は不当な行為ではないといえる。

Subject
330 Economics
Keyword
Teleology (目的論)
Utilitarianism (功利主義)
Egoism (エゴイズム)
Publish Date
2013-03-15
Publication Title
環太平洋大学研究紀要
Publication Title Alternative
Bulletin of International Pacific University
Volume
7
Start Page
237
End Page
241
ISSN
1882-479X
NCID
AA1230704X
Publisher
環太平洋大学
Publisher Alternative
International Pacific University
Copyright Holders
環太平洋大学
Contents Type
Departmental Bulletin Paper
language
English
File Version
publisher