教育における伝統文化の役割に関する一考察

URI http://repository.ipu-japan.ac.jp/metadata/166
FulltextURL
Title
教育における伝統文化の役割に関する一考察
Title Alternative
A study on the role of traditional culture in education
Author
著者 渡邉 規矩郎
著者(別表記) WATANABE Kikuro
Abstract

温故知新・彰往考来は,今を生きる者にとって最も大切なことである。過去から現在に至る筋道を知らなくては現在は分からない。現在が分からないとこれから未来へと進むことができない。過去というものを確実に理解して,そして,自分の歩んで来た道を振り返ることによって,将来を決定しうる。記憶を喪失した人も,記憶を取り戻した時点で,初めて前へ進むことができる。過去を本当に知り得て,はじめて未来への道が開けていく。過去と現在の延長線上に未来がある。先人,現代人,子孫の声を聴くことが不可欠な所以である。本研究ノートでは,日本の伝統文化の源流としての森と水を軸にしながら,教育における伝統文化の役割を考察する。

Subject
370 Education
380 Customs, folklore and ethnology
Keyword
温故知新・彰往考来
信仰の森と水
お水取り
人と自然の共生
歴史・伝統文化
Publish Date
2013-03-15
Publication Title
環太平洋大学研究紀要
Publication Title Alternative
Bulletin of International Pacific University
Volume
7
Start Page
243
End Page
248
ISSN
1882-479X
NCID
AA1230704X
Publisher
環太平洋大学
Publisher Alternative
International Pacific University
Copyright Holders
環太平洋大学
Contents Type
Departmental Bulletin Paper
language
Japanese
File Version
publisher