The Shyness Myth

URI http://repository.ipu-japan.ac.jp/metadata/4
FulltextURL
Title
The Shyness Myth
Title Alternative
「内気」の実態
Author
著者 Burrows Christian
著者(別表記) バロウズ クリスチャン
Abstract

It is a common held belief among many English foreign language (EFL) teachers that Japanese students' reluctance to fully engage in the language learning process
constitutes a major hurdle to their language development . What it does not recognize is that for many Japanese students they are simply unprepared for a lesson style that
fundamentally differs from their education experience . Their expectations and learning experience differ from those of EFL teachers, as a result, students need to be taught what is expected of them, and more importantly, the skills that are required in order to improve their
communicative competence. Only when equipped with the tools will students be able to make linguistic progress.

Abstract Alternative

日本人学生の言語学習の上での重要な問題は,言語学習に対する「やる気の無さ」にあるという,多くのEFL教師の中で共通する見解がある。しかし,これは,日本人学生がこれまでに受けてきた教育と,EFL教師の行う授業スタイルとが根本的に異なったものであるため, EFL教師の授業スタイルに日本人学生が慣れていない。或いはついて行けない,ということを認識していない上での見解である。日本人学生にとっての授業の受け方,学び方や,これまでの実際の学習経験は,EFL教師が考えるものとは違っているのである。そのため,日本人学生は授業の中でするべきこと,要求されていることが何であるかを分からなければならないし,最も重要なのは,言語習得に欠かせない学び方の'技'を身に付けなければならないのである。それらが備われば,学生は言語学習の上で能力を伸ばすことが出来るのであろう。

Subject
140 Psychology
370 Education
Keyword
内気 (shyness,)
日太人学生 (Japanese students)
話好きた言語アプローチ (communicative language approach)
Publish Date
2008-03-01
Publication Title
環太平洋大学研究紀要
Publication Title Alternative
Bulletin of International Pacific University
Volume
1
Start Page
29
End Page
36
ISSN
1882-479X
NCID
AA1230704X
Publisher
環太平洋大学
Copyright Holders
環太平洋大学
Contents Type
Departmental Bulletin Paper
language
English
File Version
publisher